前へ
次へ

社員研修で指指し確認を指導する

ある企業では、従業員は指指し確認を徹底しています。
普段その企業では、業務システムも使用して作業を行っています。
その作業の重要な局面では、必ず指差し確認を行っている訳です。
指差し確認は、非常にシンプルな方法ではあります。
しかし漏れを防ぐ為には、とても重要な行為です。
それを徹底するようにすれば、ミスが発生する確率を減らす事もできます。
ただ上記のように、殆どの従業員が指差し確認を行っている企業はあまり多くありません。
なぜ上記の企業は指差し確認しているかというと、社員研修です。
その企業では、必ず新入社員に対する社員研修を行っています。
その際に業務システムの使い方も教える訳ですが、必ず指差し確認するように教えている訳です。
もちろんその指導を受けた従業員としては、指差し確認を行うようになります。
つまり、それが社員研修を行う目的の1つです。
企業によっては、従業員に何か良い習慣を習得して欲しい事もあるでしょう。
その場合は、従業員に対する研修がおすすめです。

Page Top