前へ
次へ

社員研修で部下同士の仲が良くなる

仕事の効率は、従業員の仲に左右される一面もあります。
ですから上司としては、部下同士でのコミュニケーションを歓迎している事もあります。
というのも企業によっては、従業員同士が協力して仕事をする事があります。
特に看護職は、その傾向が顕著です。
看護師1人だけでは業務を遂行するのは難しく、他の看護師と協力して仕事をすることも多いです。
その際にスムーズに協力してくれるかどうかは、仲の良さ次第です。
仲が良い看護師であれば、たいてい協力してくれます。
ですから上司としては、従業員同士の仲が良い方が好ましいです。
どうすれば仲が良くなるかというと、社員研修という方法があります。
それも少人数の社員研修がおすすめです。
少人数ですと、従業員同士で話す機会も多くなります。
今まであまり話した事がなかった従業員が、研修で打ち解けるケースも多いです。
という事は、社員研修を行えば業務遂行もスムーズになる訳です。
部下同士のコミュニケーションの場としての社員研修も、前向きに検討してみると良いでしょう。

Page Top